フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

みみちゃんのブログ

ランキングに参加中

無料ブログはココログ

« フランス旅行記その4 | トップページ | みみちゃん、師走の思い出。 »

2015年11月30日 (月)

ブルゴーニュのブドウ畑で酔いしれる

フランス旅行記その5です。

 

11月14日(土)

ディジョンのホテルにて。前日の夜にパリで同時多発テロが起き、朝から騒然。田舎なのでBBCなど英語のテレビが受信できずフランス語しか流れないので状況がうまく呑み込めずちょっと不安sweat01私たちのツアーも、ブルゴーニュのワイン祭り→午後からパリへという予定だったが、添乗員さんも大わらわで「現地に行ってみないとお祭りが開催されるかどうかもわからない」とのこと。

ただ、パリから300キロ以上離れた土地(かつ、ぶどう畑しかない田舎)なので、テロの影響はないだろうとのことでとりあえずワイン祭りの会場ボーヌへ向けてバスで出発しました。

 

ディジョンを出発し、ブルゴーニュのぶどう畑が続く「コートドール」へ。

コートドールとは「黄金の丘」という意味。

秋にはブドウ畑が黄金色に輝くようですが、今年はもう黄葉の時期は過ぎていて、残念ながら葉っぱは散ってしまっていました。

 

151113a
↑ジュヴレ・シャンベルタンの畑(車窓から)
 

 

Cimg8541a

 

 

1511149_2

 

名だたるブドウ畑を通り過ぎ、いよいよ、ブルゴーニュワインの頂点に君臨するヴォーヌロマネ(村)に到着!

遠い存在だと思っていた憧れのヴォーヌロマネがすぐそこに!

もう、私の胸はドキドキです。

 

151114aa_2

 

ヴォーヌロマネの畑の区割りの案内板がありました。

ロマネ・コンティ、ラ・ターシュ、リシュブール、ラ・ロマネ! 

もう、名前を見ただけでめまいがするほど、そうそうたる顔ぶれshineshine

例えて言うなら、右を向けばブラッド・ピットがいて左を向けばトム・クルーズがいて前を見ればジョニー・デップがいるみたいな。

ワインのオールスター勢ぞろい!

ワインに興味のない人にとっては「たかがブドウ畑」なのかもしれませんが、私にとっては憧れの大スターに会うような気分。

 

151114b_2

 

気温はかなり低く、5℃あるかないかくらい。ひんやり寒かったです。

 

1511144

 

葉っぱはすべて落ちていましたが、まだブドウがほんのちょっとだけ残ってました。

 

そして、いよいよ、到着。

世界のワインの頂点、ロマネ・コンティの畑! 

 

1511141_2
↑薄くて見えないけど、ロマネ・コンティと刻まれたプレート

 

石垣の向こうがロマネ・コンティの畑です。

 

151114_2

 

 

151114h_3
↑かの有名な十字架

 

 

ロマネ・コンティの畑の道を挟んだ向こう側にはラ・ターシュ。

 

151114latache_3

ワインも飲んでないのに、酔いました、私。

なんていうか、スターの雰囲気に酔いしれました。

なんてことはない素朴な田舎のブドウ畑なんだけど、やっぱり気品というか、風格というか、威厳というか。

もう、ロマネ・コンティを飲むことはできなくても、畑見られただけで幸せです。(あっ…。でも一生に一回でいいから飲んでみたい)

 

偉大なるワインの(ブドウ畑の)余韻に浸りながらヴォーヌロマネを後にして、ボーヌのワイン祭り(栄光の3日間)へ向かいました。

 

 
151114d_2

 

テロの影響はなく、お祭りは開催されてました。

 

1511143

 

あちこちに屋台が出てます。

 

1511145_2

 

ホットドッグ屋さん、雑貨屋さん、パン屋さん、ワイン試飲屋台・・・いろいろなお店がいっぱい。

 

151114e

 

 
151114g

 

1511146

 

せっかくなので、エスカルゴとホットワインを飲んでみました。

どちらもとっても美味しかったですo(*^▽^*)o

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

« フランス旅行記その4 | トップページ | みみちゃん、師走の思い出。 »