フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みみちゃんのブログ

ランキングに参加中

無料ブログはココログ

« 12歳5ヶ月♪ | トップページ | 月命日 »

2015年11月23日 (月)

フランス旅行記その1

11月10日から16日まで美味しいワインwine&シャンパンを求めてフランス東部(シャンパーニュ地方、アルザス地方、ブルゴーニュ地方)へ旅行に行ってきました。個人的な備忘録として記事を書いておこうと思います。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 

11月10日(月)成田出発。パリまで飛行機に13時間乗り、その日はパリ市内に一泊。到着したのが夕方6時頃だったので観光はできませんでしたが、ホテル隣のスーパーでちょこっとお買い物。 

Cimg8618a
↑スーパーで買ったコーヒーやクッキーなど

 

コストコみたいな巨大なスーパーでした。地元の方々が大きなカートに山盛りの食材を買い込んでいる姿が印象的。 

 

11月11日(火)
パリから130キロ北東部にあるシャンパーニュ地方の町ランスへ。

 

151111a

ランス大聖堂(世界遺産)。※修復中

 

歴代フランス国王の戴冠式が行われた由緒ある聖堂。

シャルル7世やルイ14世、ルイ16世などもここで戴冠式crownを行ったそうです。

 

151111d

ゴシック様式です。

 

151111e

バラ窓。

 

151111f
↑シャガール作のステンドグラス

 

151111g
↑フランク国の国王クラヴィスがここで洗礼を受けた、とあります。

 

歴史を感じます。

 

151111b
↑大聖堂の裏側。

 

大聖堂を見学した後は、画家の藤田嗣治が建てたフジタ礼拝堂へバスで移動。

 

 

151111k
↑ランスの街

 

 

晩秋の雰囲気が漂ってます。

 

151111h
↑フジタ礼拝堂

 

藤田嗣治はフランスに渡りカソリックに改宗したそうです。

フジタ礼拝堂の道を挟んで反対側にはF1の表彰台で使うシャンパンとして有名な「G.H.マム」のメゾンがありました。藤田嗣治はマムのラベルも描いているそうで、マム社とは深いつながりがあるそうです。

 

Cimg8247a
↑G.H.Mumm

 

ランスはシャンパーニュ地方の中心地であり、その名の通りシャンパンで有名な街。

(念のため補足すると、「シャンパン」と名乗れるのは世界中でここシャンパーニュ地方で伝統的な方式にのっとって作られたものだけであり、そのほかのものはすべて「スパークリングワイン」等と呼ばれます。なので日本で作られるシャンパンというものは存在しない)

マムの他にもヴーヴ・クリコ、テタンジェ、ポメリー等そうそうたる有名メゾンがいっぱいあり、カーヴ見学や試飲できるところも多くあります。

ランスのお隣の町エペルネーもシャンパンの街であり、私はそちらで試飲することになっていたので、午後はエペルネーへ向かいましたbus

 

 

151111i

 

 

お昼過ぎからだんだんと晴れてきました。

 

 

151111j

 

 

バスの車窓から。

あたり一面広~い畑が広がり、北海道みたいな景色です。

 

 

151111l 
↑ブドウ畑 

 

長くなったので、次回へ続きます。

 

 

 

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

« 12歳5ヶ月♪ | トップページ | 月命日 »