フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

みみちゃんのブログ

ランキングに参加中

無料ブログはココログ

« ひとりクリスマス準備 | トップページ | ブルゴーニュのブドウ畑で酔いしれる »

2015年11月28日 (土)

フランス旅行記その4

その3の続きです。

11月12日(木)

アルザス地方のコルマールを見た後は、さらに東へ向かいドイツとの国境すれすれの街ストラスブールへ。この街もフランスとドイツの領有をいったりきたりした歴史があるため、ドイツの影響が色濃く残っています。

151112t

 

アルザスらしい木組みの建物が並びます。

ストラスブールは旧市街の街並みが世界遺産です。

 

 
151112u

中央の奥に見えるのが、ストラスブール大聖堂。

大きすぎて、離れた場所からでないとてっぺんまで写真に写りません。

 

151113j

 

この大聖堂はライン川の砂岩で作られているので、全体的にバラ色がかっています。

ぎっしりと刻まれた彫刻が圧巻。 

151112v

 

可愛らしい木組みの建物。

 

151112w

 

夜景もヨーロッパらしくて素敵です。

 

151112y

 

アルザス地方を歩いているとお土産やさんに「コウノトリ」をモチーフにした雑貨がたくさん売られています。幸運を運んでくる鳥としてアルザスを象徴する鳥のようです。

 

15111211
↑モフモフのお人形をお土産に買いました

 

11月13日(金)

ストラスブールを後にして、330キロほど南にあるブルゴーニュ地方のディジョンへ向かいました。

かつてのブルゴーニュ公国の首都だった街。

 

151113e 

 

151113f

151113g
↑奥に見える尖塔がノートルダム教会。

151113h
↑ブルゴーニュ大公宮殿

 

151113k

 

わりと大きな街なので、歴史的な建物を眺めながら、通り沿いにあるお店をちょこちょこ覗いたりして歩いているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。

 

ディジョンといえば、マスタードで有名。

ホットドッグなどにかかってるアメリカ的な「マスタード」とはちょっと違って、ディジョンマスタードはもっとマイルドです。ワインやビネガーと練り合わせて作られているそうです。

ディジョンの街中にはマスタードがたくさん売られてました。味もいろいろな種類があるのですが、ラベルのフランス語が読めないのでsweat01とりあえず見た目で無難そうなものを購入。どれも美味しかったですpig

 

151113k_2

次回へ続く。 

 

 

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村

« ひとりクリスマス準備 | トップページ | ブルゴーニュのブドウ畑で酔いしれる »